洗顔料の使い方:洗顔石鹸

洗顔料の中でも、最も人気があり広く使われているのが、洗顔石鹸です。
今回は、その洗顔石鹸の使い方について書いてみます。

洗顔石鹸を使うとき、最も重要なことのひとつが、もこもこの泡を作って洗顔をすることです。
十分に泡立てずに洗顔を行うと、必要な皮脂までが取れてしまいます。
皮脂は、紫外線など肌を傷つける刺激から肌をまもってくれるものであり、
皮脂を過剰に奪ってしまうと肌トラブルの原因にもなります。

十分泡立てない状態で行う洗顔は、摩擦をおこすことにもなり、
小じわなどの原因にもなります。
洗顔は泡で顔を洗うといわれるほど、もこもこの泡で優しく丁寧に洗うことがなにより大切です。

洗顔石鹸選びの基準やものさしはいろいろとありますが、
泡立ちの良い洗顔石鹸を選ぶというポイントも大切なことです。

最近人気の洗顔石鹸の中には、この泡立ちの良い製品が多く含まれています。
たとえば、「タナカミネラルソープ」や「どろあわわ」という洗顔料です。

これら人気の洗顔料には、泡立ちや洗顔の効果のみならず、美肌などに効果的な成分が配合されています。